照明のデザイン【電球選び・種類】

照明のデザイン

ライフスタイルに合ったデザインを選びましょう

実際に照明を選ぶときに気になるのはやっぱりデザイン。インテリアとしての昼の顔はもちろんですが、ここで注意したいのがが必要なのが照明器具としての夜の顔です。
というのも照明はシェードの形や向き、スリットの入り具合といった照明自体のデザインによって照らすことのできる範囲が変わってくるからです。それはつまりデザインによって使用する場所が決まってくるということに結びつきます。
お部屋と照明の関わり合いは、その場所で人がどういう行為をするのかで決まります。照明自体のデザインも重要ですが、ライフスタイルも考えて、光の範囲をしっかり確認することも忘れずに行ってください。

おしゃれ照明計画 全体

照明の全方向にまんべんなく光が広がるタイプ。高めに配置するとダイニングやリビングなどを広範囲をやわらかく照らすことができます。

おしゃれ照明照明計画 下向き

下向きの光を中心にやわらかな光が広がるタイプ。ダイニングテーブルの上などを明るく照らしたい時におすすめです。

おしゃれ照明照明計画 シェード

光を通さないシェードをかぶせたもので、光が下方にのみ照射されるタイプ。特定の場所へ光を集めたい時におすすめです。

電球の種類と選び方

住宅に使用される主な光源は白熱ランプと蛍光ランプです。その他にも様々な種類があり、使用の前にはそれぞれの長所と短所を理解しておきましょう。
お部屋の印象は照明のデザインや家具等のインテリアだけでなく照明の種類によってもガラリと変わります。暖色系の光を放つ白熱ランプはリラックスしたい空間、寝室などに向いています。対して寒色系の光を放つ蛍光ランプは活動的な空間、リビングなどに使用すると良いでしょう。
色の持つ心理効果も考えてワンランク上の照明演出をしてみませんか?
また、白熱ランプと蛍光ランプについては「白熱ランプの方が安価」「蛍光ランプの方が長寿命」といった特長も覚えておくと良いでしょう。

白熱ランプ

「白熱ランプ」

フィラメントが通電によって高温になったときに出る白熱光を利用し、黄色味のある暖色系の光を放つランプです。穏やかなイメージなのでくつろげる空間に向いています。影を強く浮き立たせるクリア電球と影を薄めるフロスト(ホワイト)ランプがあります。

ハロゲンランプ

「ハロゲンランプ」

白熱ランプの一種で、中にハロゲンガスが入っているものです。最近は反射鏡を一体にしたランプが多くなってきました。ハイパワーながら制御が簡単なのでスポットライトに多く使われます。

蛍光ランプ

「蛍光ランプ」

青白い寒色系の光を放ち、点灯させるためには安定器が必要です。ワット数や形状で特性が異なるので、それぞれ専用の器具になっており、違うワット数のランプはつかえません。昔は直管と丸型ランプの2タイプでしたが、蛍光管を折り曲げる技術が発達し、様々な形や大きさのものが登場しています。

LEDランプ

「LEDランプ」

LED(発光ダイオード)は電球やネオンと比べると強度が高く、台風や地震などの天災時に、怪我をするリスクが減ります。近年開発された新しい照明器具ですが、消費電力が小さく寿命も長いので環境に配慮した次世代を担う照明器具として注目されています。

スポンサードリンク

ページトップへ