アイビー

アイビーの育て方と写真

アイビーの増やし方

アイビーの植え替え方法

生育が旺盛で鉢植えの場合は鉢の中がすぐに根でいっぱいになってしまい、根づまりをおこしてしまいます。根づまりをおこすと生育不良をおこして葉が枯れてきます。根づまりを起こす前に替えが必要になってきます。水をやってもなかなかしみこまなかったり、鉢の底から根が伸びてきたような状態になれば植え替えの時期になります。アイビーを植え替えすると、枯れてしまうという方が多いみたいですが。原因は、植え替えすることでストレスがかかることと、植え替えしたばかりの観葉植物は、たっぷりの水を与え、土を落ち着かせないと、枯れる原因にもなってくることです。植え替えの適期は5~6月です。植え替えは一回り大きな鉢に新しい用土で植え替えましょう。

水はけの良い土を利用しましょう

水はけの良い土が適しています。赤玉土の小粒6:腐葉土3:川砂1の割合で混ぜた土あるいは、市販の観葉植物の培養を使用しましょう。

アイビーは挿し木で増やせます

アイビーは挿し木で増やすことができます。伸びすぎた枝を切った時にでる枝を利用するのがよいでしょう。長さ10~15cmにした枝を湿らした川砂に挿します。根が出るまでだいたい1ヶ月ほどかかりますのでそれまで乾かさないように注意しましょう。半日陰の場所で管理します。挿し木は3~4月と9~10月の間に行いましょう。
秋(9~10月の間)に挿し木をして冬までに充分な大きさになっていないものはそのままの状態で霜の当たらない場所で管理して春に暖かくなってから一株ずつ鉢に植え付けます 。

スポンサードリンク

ページトップへ